理化学機器メーカー マイクロテック・ニチオンの専門用語解説


マイクロテック・ニチオンは汎用機から特注対応まで研究を支援するメーカーです。


用語解説

ルシフェリン-ルシフェラーゼ反応とは

 ルシフェリンはATPをAMPとリン酸に分けるとAMPをカルボキシル基に結合する。次に酸素でこのAMPを切り離し、二酸化炭素と水を作る。ルシフェリンにはカルボキシル基に変わりカルボニル基が残される。このカルボニル基の酸素原子は励起状態にあり、基底状態に戻るときにエネルギーの差が可視光として放出される。この反応はルシフェラーゼを酵素として引き起こされる。

「ルシフェリン-ルシフェラーゼ反応」の文字列を含む製品情報ページ

タイトル登場回数

用語解説ページ

ルシフェリン-ルシフェラーゼ反応の関連用語


関連の高い製品


ルミノメーター