理化学機器メーカー マイクロテック・ニチオンの専門用語解説


マイクロテック・ニチオンは汎用機から特注対応まで研究を支援するメーカーです。


用語解説

液体窒素とは

空気を圧縮すると温度が上がるが、これを冷やした後で急激に断熱膨張させると、温度が著しく低下する、この操作を繰り返すことで(沸点以下の)極低温に到達させ、空気を液体にしたものが“液体窒素”である。液化した空気は沸点の違いを利用して分留され、窒素と酸素に分けられて利用される。保存には専用の容器を必要とするが(約10万円)、比較的容易に超低温の世界を体験できる(約-190℃)。なお、費用は1リットル当たり数百円ほどであるが、徐々に蒸発してしまうために1〜2ヶ月ほどしか保存できない(=定期的な供給を必要とする)。
液体窒素を取り扱う際には以下の注意が必要である。
1. 容器を密閉してはならない。気化したガスの圧力が高まると破裂することがある。
2. わずかな量の液他窒素でも、気化すると体積が甚大となる。窒素は無色無臭のガスであり、換気をよくしないと、気づかない間に窒息することがある。
3. 液体窒素で物を冷却する場合には、瞬間的に気化した窒素が薄い膜状になって物体を覆ってしまい、これが熱伝導を遮断するように働くので大して冷えない。
4. 当然のことながら、液体窒素を扱う際には凍傷を負わないようにする必要がある。特に超低温に達した金属に直接手で触れると、瞬間的に凍り付いてしまうことがある。

「液体窒素」の文字列を含む製品情報ページ

タイトル登場回数
グラム陽性菌からのRNA抽出が容易に出来る「凍結破砕法」
まず加圧容器(プレスセル)とプランジャーを液体窒素(-190℃)で冷却する。両者ともにステンレスでできており、必要であれば滅菌することができる(例:オートクレーブ)。 注:超低温に達した金属に直接素手で触れると、瞬間的に凍り付いて凍傷を負うことがある。 サンプルをプレスセルに入れて完全に凍結させるが、サンプル量をセルの大きさに合わせないと粉砕の効率が低下する。ま
http://nition.com/product/cryo-press_touketu.htm
5
凍結破砕装置 クライオプレス
凍結破砕装置 クライオプレス TOP > 製品情報> 凍結破砕装置 強力な破砕力による 圧倒的な生体物質抽出効率 クライオプレス(凍結プレス破砕装置)は、粉砕しにくく変質しやすい組織などを液体窒素で凍結して粉砕する装置です。 組織から抽出した蛋白質、 DNA、RNAなどの生体物質を分析することは、様々な分野での研究において必要となりますが、 これらの生体物質の中でも、特に酵素...
http://nition.com/product/cryo-press.htm
2
凍結破砕装置 クライオプレス ユーザー訪問記
イオプレスで短時間で、組織を十分に粉砕でき、しかも液体窒素で冷やされ、蛋白質、酵素などの熱に弱いものが変性されない、という結果に大満足しておられました。 同様に、ある有名な化学工業会社の医学研究所では抗癌剤の研究が行われています。実験動物を用い、骨の腫瘍(骨肉腫)に対する抗癌剤を研究するために、骨を破砕し、RNAを抽出。その抽出されたRNAを解析することによる抗癌剤の効果を確かめています。 臨床
http://nition.com/product/cryo-press_2.htm
2
ビーズ式多検体細胞破砕装置 ビーズ式破砕機
ミブロックを利用して冷蔵破砕(4℃)が可能。 液体窒素(−196℃)の使用により、サンプルの冷凍破砕もOK。 2mlチューブを100本、15mlチューブを64本、50mlチューブを20本の同時破砕が可能。 サンプル一括処理能力 容器の種類 1.5ml2.0ml 13ml15ml 50ml 96 DeepWell Plate 特殊ステンレス容器(冷凍破砕用) 最大処理本数
http://nition.com/product/shakemaster.htm
1
検体管理システム
剥がれにくい強力ラベル 超低温(液体窒素直浸け)でも耐える高信頼度 検体の中味がよく見える透明ラベル 貼り付けはTubeを一周しオーバラップさせるので、脱落防止可能 自動ラベラー Spider Thread 検体チューブにラベルを簡単貼り付け! サンコードシステムと連動して作業効率アップ サンプルを入れたまま、自動でラベル貼り付け チューブ
http://nition.com/product/suncord_ex.htm
1

用語解説ページ

液体窒素の関連用語


関連の高い製品


凍結破砕装置