理化学機器メーカー マイクロテック・ニチオンの専門用語解説


マイクロテック・ニチオンは汎用機から特注対応まで研究を支援するメーカーです。


用語解説

液膜落下法とは

生体分子吸着層の表面を落下する液体膜の2点間における速度を測定することで試料板の濡れ性を測定する手法。

「液膜落下法」の文字列を含む製品情報ページ

タイトル登場回数
バイオリフレクトメーター
、吸着量を求めることが出来ます。 【液膜落下法】 二つのレーザー間を落下する液膜の移動時間をそれぞれのレーザーのシグナルの変化から測定しぬれ(濡れ)性、離水速度を評価することが出来ます。 (独)産業技術総合研究所の特許・公開特許技術と偏光解析アルゴリズム BLUE SKY RM-8000は、平成15年、(独)産業技術総合研究所光技術研究部門とマイクロテック・ニチオンが共同で中小企業
http://nition.com/product/bio-refrectmeter.htm
2
多項目材料表面性状測定装置 オプティカル バイオ・リフレクトメーター 装置仕様
バイオ・リフレクトメーター TOP > 製品情報> バイオリフレクトメーター 液膜落下測定仕様 測定方式 :液膜落下法(液体薄膜が落下、移動する時間を測定) ぬれ性 2レーザービーム間を移動する時間を測定することにより、離液(水)時間を測定し、ぬれの良し悪しを評価する。(鏡面をもつ基板の場合には水膜の基板上からの離水過程が詳細に観測可能) 吸着測定とぬれ測定の組み合わ...
http://nition.com/product/bioreflectmeter_spec.htm
2

用語解説ページ

液膜落下法の関連用語


関連の高い製品


バイオリフレクトメーター