理化学機器メーカー マイクロテック・ニチオンの専門用語解説


マイクロテック・ニチオンは汎用機から特注対応まで研究を支援するメーカーです。


用語解説

器官とは

生物の構成単位で、形態的に周囲と区別され、それ全体としてひとまとまりの機能を担うもののこと。生体内の各器官(臓器)は、複数の生体組織が決まったパターンで集まって構成されている。

「器官」の文字列を含む製品情報ページ

タイトル登場回数
グラム陽性菌からのRNA抽出が容易に出来る「凍結破砕法」
抽出物の変性や失活を招くことがある。当然、細胞内小器官の微細構造なども影響を受けることであろう。 抽出の際にはサンプルを加温することが多いが、この際に、デリケートは物質は分解してしまう(例:RNA)。 強固な構造を持ったサンプル(例:骨、毛髪)にはほとんど無効である。 後で界面活性剤を除去することが困難な場合がある。 pHを高めたり(=“アルカリ抽出”と呼ぶ)、キレート化合物を加え
http://nition.com/product/cryo-press_touketu.htm
6
ホモジナイザー 培養細胞用 シリンジ式細胞破砕器
細胞破砕器 TOP > 製品情報> 細胞破砕器 培養細胞用 シリンジ式細胞破砕器 『培養細胞のオルガネラを薬剤を使わずに抽出する』 細胞内小器官の効率良い前処理装置 シリンジ式 細胞破砕器 「高速で連続的な圧縮-解放」可溶化試薬は不要! シリンジ式細胞破砕器は 27G 注射針と 1ml シリンジを使い、細胞懸濁液を自動で安全に、高速で破砕処理することが可...
http://nition.com/product/cellhomogenizer.htm
5
臨床細胞・組織試料作成装置 (ミニ肝臓作成用自動スライサー)
臨床細胞・組織試料(ミニ肝臓)作成装置 TOP > 製品情報> 生体組織スライサー 生体組織スライサー 弊社は肝臓を生きたまま小さな切片として切り出す「ミニ器官作成用自動スライサー」の特許実施権を、(株)生体科学研究所から取得いたしました。 ご存じのように、肝臓は薬物代謝機能などを持ち、薬剤の開発や治療のカギを握る重要な臓器であります。これまでは切片とする段階で細胞が死んで...
http://nition.com/product/slicer.htm
3

用語解説ページ

器官の関連用語


関連の高い製品


生体組織スライサー