理化学機器メーカー マイクロテック・ニチオンの専門用語解説


マイクロテック・ニチオンは汎用機から特注対応まで研究を支援するメーカーです。


用語解説

CCDカメラとは

 光を電気信号に変換する半導体素子の一つ、CCD(chargwe-cupled device)を使用したカメラ。CCDは小型・軽量であり、取り扱いも容易なため、CMOSカメラと共にビデオカメラ、デジタルカメラなどに広く用いられている。
 弊社製品においては、コロニーピッカー、ゲルピッカー、ZEECOMなどの計測・制御に応用されている。

「CCDカメラ」の文字列を含む製品情報ページ

タイトル登場回数
ゲルピッカー(1,2次元電気泳動両対応ゲル切り出し装置)
元電気泳動ゲルにも対応 GM-1は600万画素のカラーCCDカメラを搭載してあらゆる染色方法に対応したゲルピッキングシステムです。 従来のCNAフラグメントの回収作業においては長時間に渡ってUV照射を行う必要があったため、結果的にUV照射によるDNA 分解を避けることが出来ませんでした。GM-1ではUV照射は撮影時のみのわずかな時間のみとなっております。 もちろん、UV照射を受けながらの長時間作業は
http://nition.com/product/gelpicker.htm
1

用語解説ページ

CCDカメラの関連用語


関連の高い製品


コロニーピッカー