微破砕・微発光・微粒子計測ならマイクロテック・ニチオン

ニュース

TOP > ニュース

2018年3-2号: JIS規格化されたプラスチック材料の酸化測定方法

マイクロテック・ニチオンニュース 2018年3-2号

いつもお取引を頂いているお客様にお送りしております
メルマガの一部をご紹介致します。

--------------------------------------------------------------------------
春分の日に雪!


こんにちは 担当オオニシです。

昨日の3月21日、春分の日に関東では雪が降りました。

東京・上野公園ではソメイヨシノが3分咲きとなっていたそうで、
例年であれば休日は数十万人の花見客でごった返すところが、
みぞれ交じりの雨に祟られてお花見客は皆無だったとのことです。

春分の日以降の積雪は3年振りとのことで、
そう大した珍しいことではないとは言われますが

今年は雪が多いとか気温が低いとかいう前に、
寒暖の繰り返しとその落差が異様に激しいと感じます。
まるでジェットコースターに乗っているように+20℃から氷点下へ一晩で急降下し、
2〜3日経つとシャツ1枚で過ごせるぐらいに気温が急上昇する。

いつになったらコートやダウンジャケットがしまえるのか、
衣替えのタイミングが全く予想できません。

前回号メルマガでは
「三寒四温、昔の人は上手く言ったもんですね」
と呑気に書いておりましたが、今年の寒暖の振れ幅とその回数は
とても呑気ではいられないと思います。

また「寒い冬の年、夏は酷暑になる」とも言いますので、これからの季節も
春、夏に掛けて引き続き皆さま体調管理には充分お気遣いください。


さてメルマガです。

今回のメルマガは前回号から引き続きで、プラスチック材料の酸化測定という項目で
JIS規格になったフーリエ変換ケミルミネッセンス測定(FT-CL)装置のご紹介をいたします。


<< 今回号のTopic >>
○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○

■  JIS規格になったプラスチック材料の酸化測定について
   フーリエ変換ケミルミネッセンス測定(FT-CL)装置のご紹介(2)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

■ お急ぎください!
   特別価格は4月30日まで!!
   〜2017予算申請用カタログ掲載キャンペーン〜
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○


続きはメルマガで!
メルマガ登録はこちらから



前記事: 2018年3-1号: FT-CLを使って化石サンゴの年代測定

後記事: 2018年4-1号: 破砕装置を選定する時の基本


"2018年3-2号: JIS規格化されたプラスチック材料の酸化測定方法"へのトラックバックはありません。

2018年04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ニュースTOPへ

過去のニュース一覧へ

Copyright Microtec Co., Ltd. since 1989