マイクロテック・ニチオンの製品情報をご紹介します。

ゼータ電位・粒径分布測定装置

TOP > 製品情報 > ゼータ 電位・粒径分布測定装置 > 粒子観察

粒子観察

 ZEECOMでは粒子の認識・追尾に特化させた光学系を搭載しており、光源を使い分けることで通常の光学顕微鏡に比べ、幅広い粒子に対しての観察が可能となっています。また、粒子をモニター上に認識することが出来れば測定可能であるというシンプルな基準を持っており、測定の可否を容易に判断することができます。


LED透過光

一般的な光学顕微鏡と同様に、透過光による測定も可能です。粒子形状の観察や、スケール値からの粒径計測を行うことができます。1μm以上の一般にゼータ電位 測定が難しい粒子や凝集塊の形成の様子なども可能です。

LED散乱光

粒子は散乱光に埋もれてしまい直接の形状確認はできませんが異形粒子や凝集塊では散乱光にちらつきが発生します。これは粒子の回転による散乱光の強度変化によるものです。また散乱光の強度は同一の材質であれば粒子サイズによって変化し、画面上のピクセル数から相対的な粒子サイズを確認することができます。

レーザー光

強力なレーザー光を照射することでより微細な粒子の観察を行うことができます。 観察下限は粒子の反射係数に依存しますがこの光源では、レイリー散乱を起こす、 ごく微小な粒子の観察も可能であり、数十ナノメートルの粒子の測定も行うことが できます。

光学系のカスタマイズ

標準仕様では観察や測定が難しいサンプルに対しては、オプションとして光源やレンズなどの光学系を変更することが出来ます。光学部品の交換や追加以外にもご要望に応じたカスタマイズにも対応いたします。

実際の粒子観察の様子

画像をクリックすると、動画が立ち上がります。

ブラウン運動する銀コロイド(10-20nm)の動画 (10.5MB)
AgPVP(田中貴金属工業 (株))
サンプルのTEM画像(PDF 453KB)

観察下限に近い10nm付近のナノ粒子はオプションの青色レーザー光源を使用することで観察を行うことができます。

沈降するカオリン(5-10μm)の電気泳動の動画 (912KB)
はくとう土(カオリン)(Wako 117-00025)

沈降しながら電気泳動する粒子は泳動方向のみを計測することで精度よくゼータ電位を求めることができます。

その他のサンプル動画(例):
・ラテックス200nmの電気泳動 ・溶液中のアスベストの電気泳動
・植物性プランクトンの電気泳動 ・たんぱく質(推定100nm前後)
・粒径の異なる粒子が混在するサンプルの電気泳動 ・酸化チタン(TiO2)   他、多数

サンプル動画もご提供しております。
弊社までお気軽にお問い合わせ下さい。


Copyright Microtec Co., Ltd. since 1989