マイクロテック・ニチオンの製品情報をご紹介します。

生物発光化学発光ルミノメーターの応用

TOP > 製品情報> ルミノメーター

ルシフェリン・ルシフェラーゼ反応を用いた応用

ルシフェラーゼとルシフェリンがATPおよび酵素と反応して、1分子のルシフェリンの酸化によって1フォトンの発光をします。

1.レポータージーンを用いた解析


レポータージーンを用いた遺伝子の転写、発現機能の解析(プロモータ、エンハンサーなどの活性解析)

  1. ルシフェラーゼアッセイ
  2. リン酸フォスファターゼを用いた解析
  3. β-ガラクトシダーゼを用いた解析

2.ATP測定による菌数および細胞数測定

  1. 食品、化粧品、排水、用水、海水、土壌中のバイオマスの測定
  2. 食品工業の作業現場における衛生チェック
  3. 組織細胞、血液細胞中のATP測定による細胞の活性検討
  4. バクテリア、酵母などの微生物の細胞数測定
  5. 種子、植物などの生育度測定

3.その他

NAD(P)H系の発光シグナルの測定と解析

発光細菌由来のルシフェラーゼについては、還元型フラビンモノヌクレオチドと炭素鎖6〜8の長鎖アルデヒドを酵素存在下、長鎖脂肪酸に酸化反応を触媒し、発光が生じます

  1. NAD(P)Hの定量
  2. FMNの定量
  3. 酵素免疫測定法
  4. その他

化学発光による応用 ルミノール、ルシゲニンなどによるケミルミネッセンス)

  1. 化学発光による食細胞貪食能試験
  2. 活性酵素(O2、H2O2等)の測定
  3. 化学発光によるAch(acetycholine)の定量
  4. エコリンによるカルシウムイオン濃度の測定
  5. その他


Copyright Microtec Co., Ltd. since 1989